百合は蒼く咲いて

アリス九號.

百合は蒼く咲いて



枯れてゆく花は 白い部屋で一人
沈みゆく君を見つめてた

いつも会うと君は 寂しそうに笑って
細くなった指を絡ませた

「凍えていた季節も 凍えそうな夜も
暖かさをくれた瞳でした。」

どんな言葉さえも 僕は思い付けずに
さよならも言えず見送った

遥か、昔から君を知ってたみたいに、
とても、とても君が温かかった。

二人と居た 百合の花は、やがて呼吸を止めた
君の傍には いつも 同じ花が咲いて
夏になれば 百合の花が 君を綺麗に飾る
同じリズムで 君と 歩いてゆくよ。ずっと。ずっと。

生まれ変わる 話なんて まるで 信じないけど
いつか会える そんな気して いたから いつか

遥か、昔から君を知ってたみたいに、
とても、とても君が温かかった。

二人と居た 百合の花は、君と眠ってくれた
君の傍には いつも 同じ花が咲いて
一緒に居たいよ どんな場所でも 何も怖くは無くて
同じリズムで 君と 眠りたいよ。ずっと。ずっと。
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header

アリス九號.

side_footer
side_header

ナイトメア

side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header

電気式華憐音楽集団

side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header
side_footer
side_header

MATERIAL

side_footer